【人気資格】Google広告検定に合格するメリットとオススメ勉強アプリ

2019年1月21日マーケティング実践

オススメ資格Google広告検定

こんにちは。広告代理店会社勤務の名須川(なすかわ)です。
今回は、Google広告検定を取得した結果、何が変わるのかという点を実際の現場での活用方法と合わせてお話し致します。

Google広告検定とは

Right Caption

名須川

常世さんもWEB広告に携わるなら、Googleの公式資格「Google広告検定」を受けておきましょう。
Left Caption

常世

Google広告検定?なんじゃ、それは。

Google広告検定とは、Googleが広告枠として使用している検索広告ディスプレイ広告動画広告アプリ広告などを運用するための基礎知識のテストです。
合格するとGoogleからGoogle広告運用者として公式に認めてもらえます。

認められるとどうなるかと言うと

1、広告代理店がGoogle広告パートナーとしてバッジを取得するために資格を貸す事ができます。
2、Googleに公式に認められた資格者と名刺などに記載し、営業の際に使用できます。
3、広告運用者として、Googleに認められ広告主のビジネスを成長させる事ができます。(トークとして)
4、Googleに認められた資格として就職の際履歴書に記載できます。

など、その他にもメリットはあります。

どう取得するかは多くのブログ、またはGoogleの公式サイトでも記載されているので詳しくは書きませんが、WEBで無料で受ける事ができます。試験対策も公式テキスト動画練習問題などが公開されており、とにかく至れり尽くせり。
試験を受けなくてもWEBに携わる方ならかなり興味深いになるのでは無いかと思います。

また、Google広告検定の取得に関しては最低2つの試験をクリアする必要があります。
Google広告の基礎は必須で、基礎の他に「検索広告ディスプレイ広告モバイル広告(注)動画広告ショッピング広告」のいずれかを取得する事で選択した資格を取得する事ができます。

※(注)モバイル広告の専門分野認定を 2019 年 10 月をめどに廃止になりますので、取得はモバイル検定以外をお薦めします。

要は最低2回の試験に合格する必要があります。

私もいくつか取得しているのですが、実際の現場でどう役に立っているかを書こうと思います。

Google広告検定資格を名刺に記載して信頼度アップ

私はリスティング広告ディスプレイ広告の運用もしているのですが、この資格が無いとやはり競合他社に指摘された時に大きなダメージになります。
その反面、Googleの名前を公式に使っていいと言うアドバンテージは大きく、広告以外の面でも信頼度が上がります。

Left Caption

常世

確かに、Google広告の運用は誰でも手軽に始められるようになっておるからのう。
Right Caption

名須川

誰でも受けられる資格なので、代理店として運用を請け負う時は先方の担当者が資格を持っている場合もありますね。

Google広告検定取得で就職・転職の際に有利

これは、私が転職をする予定が無いので人事目線から言わせていただきますと、Google広告検定は広告運用会社ですと入社後取得しないといけないなど義務付けている会社もあります。私の所属する会社でも中途採用で、Google広告運用志望ですと取得を勧めています。
それが入社時からすでに取得していると「おっ」と思います。それが自主的に取ったものだと尚好感が持てますね。

Google広告検定を勉強するとトークが理論的になる

Google広告検定の資格には、ツールの使い方や仕様はもちろん様々な事業のケースに対応できるようWEB広告マーケティングの内容も盛り込まれています。(Googleさんとしてはそれが狙いかもしれません)その内容はGoogle広告以外のWEB広告に応用できるのはもちろん、リアルプロモーション(チラシや看板)にも応用できますので、客先でのトークに深みを持たせられます。

Right Caption

名須川

Google広告検定の勉強は単にGoogleの広告仕様を学ぶだけではありません。
WEB広告の基礎知識を養いながら、Google広告で問題を解決できるようテキストが構成されています。
Left Caption

常世

WEBマーケティングを学ぶのにも最適と言うことじゃな。

Googleパートナーの条件の1つ。Google広告検定有資格者になれる。

またこちらは特に限定的ではありませすが、会社によっては資格取得手当がGoogle広告検定を取得することで、その資格を会社に付与することができます。所属する代理店がGoogleパートナーになる為の必須事項3つのうち1つをクリアできるのです。
(他の2つは過去90日に発生した広告の金額が10,000USドルを超える。管理しているアカウントの成長度合い)会社としてもあのGoogleさんの認定パートナーと示す事ができるのは広告代理店として大きな武器となります。そこに、資格取得者として交渉してみても良いのではないでしょうか。

Right Caption

名須川

1人だとパートナー。2人以上だとプレミアムパートナーになる条件の1つがクリアになります。

Google広告のヘルプを勉強するだけでも大いに仕事に活かせる!

これらのメリットの他に私が感じる事は、やはり広告に対してじっくりと考える時間ができる事です。
データドリブンのWEB広告の世界で、考え方が理論的になり、感覚だけでは物事を考えなくなります。
この考え方はあらゆる事業に活用でき、理論的な思考で物事を考えるようになります。
(私はまだまだ考えられていないですが…)

会議でも、理論的に話を進められるようになり出番も多くなるかもしれません。
(私はまだまだ進められていないですが…)

これらのメリットは人それぞれで、場合によってはすぐにあなたの事業を拡大させる手助けになるかもしれません。
ぜひ、Google広告検定を受けてみてはいかがでしょうか。

Left Caption

常世

早速受けてみようと思うのじゃが、勉強方法はGoogleのヘルプだけかの?
Right Caption

名須川

人気のある資格なので、アプリでも勉強できるようになっていますよ。
ヘルプで勉強して、アプリで模擬テストをするのがお薦めの方法です。

Google広告検定にオススメの勉強方法

Google広告検定の勉強にWEBマーケティング問題集アプリ
Google広告検定の勉強にWEBマーケティング問題集アプリ

Google広告検定は公式のヘルプが充実しており、とても勉強しやすのですが膨大すぎる情報なので若干画像での説明が少ないことと、試験後間違った問題を確認できないのが難点です。

そこでオススメの勉強方法として株式会社アイクラウド様のアプリ「WEBマーケティング資格問題集」をオススメします。
アプリなのでどこでもGoogle広告試験の問題に挑戦できることはもちろん、間違った答えも解説付きで復習できます。

更に、GAIG(Googleアナリティクス個人認定資格)やウェブ解析士(WACAウェブ解析士認定資格)にも対応しています。ぜひ、試験対策にご利用ください!

WEBマーケティング資格問題集をダウンロード

Apple版
Android版

Google広告検定試験URLと受験に必要なもの

WEBで簡単に受験できる!

Google広告検定試験サイト(Academy for Ads)
Google広告検定試験サイト(Academy for Ads)

Google広告検定はWEBで気軽に受験できます。失敗したとしても1日待てば再度受験できるので、しっかりと復習して挑みましょう!
試験場所はこちら

必要なのはGmailアカウントだけ!

ログインするとGoogleパートナー向けの広告代理店との連結を確認されますが、とりあえず受けてみるだけなら「いいえ」でもOKです!

Gmailアカウントをお持ちでない方はこちらの記事に取得方法を掲載しています。

電話番号なしでGmailアカウントを気軽に使用したい方はこちら

電話番号を使用してGmailアカウントをフルに使用したい方はこちら

無料でメリット沢山のGoogle広告検定を、まずは気軽に受験してみましょう!

Left Caption

常世

さて、私も早速受けてみるとしようかの♪
名須川よ、受かったら資格手当を出すのじゃよ♪
Right Caption

名須川

検討しておきます。