就活者必見!仕事探しにお薦め「Googleしごと検索の使い方」

2019年1月26日マーケティング実践

希望のお仕事に繋がる新しい求人情報
希望のお仕事に繋がる新しい求人情報

本日は2019年1月23日にリリースされたGoogleおしごと検索について、求職者側の使い方を解説します。

Googleしごと検索を使うメリット

一番のメリットは溢れたポータルサイトや企業独自の求人情報を並列で確認できることです。今までタウンワーク、マイナビ、エンなど様々な求人サイトが、求人情報を紹介していました。しかし、それはあくまでも掲載契約が発生した企業です。Googleおしごと検索はそれらを纏めて表示します。

人口減少による求人業界のビジネス

求人・転職は大きな経済効果に直結します。例えば今あなたが求職活動中だとしたら、それは大きなビジネスチャンスが生まれるのです。特にバブルを超えた日本の少子化による有効求人倍率は1人の採用単価を大きく上昇させています。

何が正解か分からない。溢れすぎた求人情報による弊害をGoogleしごと検索が解決

人材不足になると人材という需要に応えられるビジネス(派遣・アルバイト、それに纏わる広告)が成長します。そのビジネスはWEBにあります。結果多くの求人情報がWEBに溢れ、どのサイトを調べたら良いのか分からなくなったことはありませんか?
情報が多すぎて自分に合った仕事を見つけられない。もう、ある程度絞って見ないといけないよね。と妥協して選んで後悔したことはありませんか?
それは貴方も企業もお互いに損をします。人生の大半を仕事に費やしているのだから、自分に合った仕事で気持ちよく、楽しく働きたいと思いませんか?
企業側もそれを望んでいます。仕事にやりがいを見つけて、人生の職務時間も楽しんでくれる人材を求めているのです。

Googleしごと検索ができた経緯と信頼性

Gooleしごと検索は求職者・企業側のニーズをマッチさせる為に、WEB上に溢れるほぼ全ての情報をまとめ双方にメリットがあるように情報を纏めることを目的として誕生しました。

Googleしごと検索は「Google for jobs」の名前でいくつかの国で活用されています。

  • ケニヤ
  • ナイジェリア
  • 南アフリカ
  • インド
  • アルゼンチン
  • ブラジル
  • コロンビア
  • チリ
  • メキシコ
  • カナダ
  • アメリカ

日本の売り手市場では少し遅いくらいですね。
Googleの引用を記載します。

アルバイト、転職、キャリアアップなど、仕事探しの理由は様々ですが、条件にあった求人情報を求めて、何時間もスクリーンとにらめっこをした経験は誰しもあるでしょう。本日より、Google しごと検索 の提供を開始します。この新機能は、ウェブ上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページ等から求人情報を探して、検索結果に分かりやすく表示します。

引用:Google Japan Blog

とにかく求職者に分かりやすくしごと情報を届けたいということです。

Googleしごと検索はどこに表示されるの

では、Googleしごと検索はどこに表示されるのか。簡潔に言うと「Google検索結果に表示されます。」Googleのクロームアプリや、Safariで「バイト」と検索してみてください。すると、このような求人カードが出てくるかと思います。

Googleしごと検索画面
Googleしごと検索画面

ピンクで囲っているところが「Googleしごと検索」になります。この情報はどこから表示されているかと言うと日本に存在する一定の基準を見たいしたWEBサイトの情報です。
求人情報を押すと…

Gooleしごと検索 求人詳細ページ
Gooleしごと検索 求人詳細ページ

Googleしごと検索に表示される求人条件とは

特定のプログラミングを施したWEBサイトを指します。よって、ある程度WEBプログラミングの知識がある人材を抱えた企業以外の情報は表示されません。詳しくは「話題のGoogleしごと検索(Google for jobs)企業が取り組むべき対応」をご覧ください。

普通の求人情報サイトとは次元が違う!Googleしごと検索だからできる求人情報提供

ズバリ、貴方の求めている情報にできるだけマッチした情報が表示されます。キーワード・位置情報など、さらに確認はできていませんが今後閲覧情報やGoole登録情報も厳密に絡んでくるでしょう。山のように溢れていた求人情報が纏められ、さらに貴方に求人情報になるので仕事を探しやすくなるかと思います。
※もちろん個人情報を特定できない範囲になりますので、ご安心ください。

Googleしごと検索 メール通知

Gooleしごと検索にはメール通知機能が搭載されています。検索したワードに対して求人情報をgmailに通知してくれます。メルカリの検索した情報に合わせて通知してくれるメールと似たようなものです。
通知間隔は「今すぐ」「毎日」「毎週」と間隔を選べますので、貴方に合った受け取りをしましょう。
「この検索に関するアラートを受け取ります」を押すと、検索ワード毎に通知間隔を選べます。「バイト」は週1回、「コールセンター バイト」は毎日のように貴方に合わせたカスタマイズです。

gmailbox内の通知
Gmail box内の通知

Googleしごと検索の絞り込み

もちろん求人情報は多くなりますので、絞り込み機能も充実しています。

  • カテゴリ(販売、小売、カスタマーサービスなど業種で選べます)
  • 地域(企業の所在地 現在地からのkm単位でも選べます)
  • 投稿日(いつ掲載されたか)
  • 形態(正社員やアルバイト、パートなど)
  • 企業(企業名別で絞り込めます)

今後も絞り込みは充実し、より貴方に合った求人情報を探しやすくアップデートされる事が予想できます。

Googleしごと検索の求人情報の保存

仕事探しに欠かせない保存も簡単ワンクリックで保存できます。①で保存し、②で閲覧できます。この情報はキーワードを変更して検索しても残ります。
とりあえず気にるワードはドンドン検索して保存しておきましょう。

Googleしごと検索求人保存
Googleしごと検索求人保存

Googleしごと検索の求人応募方法

見つけた仕事情報は「提供元」情報が開示されているサイトから応募できます。現在Googleはあくまでも求人情報の整理を目的としていますので、Googleから応募はできないようです。

Googleしごと検索 応募方法
Googleしごと検索 応募方法

Googleしごと検索まとめ

2019年1月1月26日現在Googleしごと検索の画面確認できている提供元(特定のプログラミング処理を施したサイト)にもマイナビ・マイナビバイト、エン転職・エンジャパン・エンバイト・engage・イーアイデム・Nifty・doda・はたらいく・企業ごと等多数の提供サイトが見られます。
今後更に対応サイトは増え、求職者が希望の条件で働けるようGoogleしごと検索もアップデートされるでしょう。
ぜひとも今のうちにGoogleしごと検索を使いこなし、貴方の人生多くを占める仕事という時間が有意義になればと思います。

企業様はこちらの記事もぜひご覧ください!