【実践!ロゴデザイン】読めばロゴデザインマスター!

2019年3月30日常世と初めてのWEB広告

【実践!ロゴデザイン】読めばロゴの依頼も作成もマスター!
【実践!ロゴデザイン】読めばロゴの依頼も作成もマスター!

仕事をしていると「ロゴ作成を依頼してくれ。」「ロゴを作成してくれ。」「このロゴどう思う?」など様々な場面でロゴに関わり頭を悩ませる事はありませんか。
一言にロゴと言っても、企業のCI(コーポレートアイデンティティ)用や商品名用、店舗用など使い方によって考え方は様々です。

類似の商品や情報が溢れている現代では、ロゴの重要性はどんどん増しています。
ロゴデザインの基本を知る事で依頼も作成もスムーズになり、よりよいロゴを生み出すことができ事業に活躍させられます。

今回は広告現場のロゴを作る過程を実例でご紹介します。難しく考えずコーヒーでも飲みながら、気軽にお楽しみ頂ければと思います。

ロゴデザインの必要性

デザインによって変わるロゴの印象

Left Caption
常世
のうのう、名須川よ。何をやっておるのじゃ?
Right Caption
那須川
広告現場もコンセプトが固まってきたので、そろそろロゴを作ろうと思いまして。
Left Caption
常世
ロゴ?なんじゃ、それは。
Right Caption
那須川
ロゴというのはですね。特定の商品や、企業、サービス名などを独自にデザインして他との差別化を図り、ブランディングするものです。
Left Caption
常世
うーむ。言葉だけでは分かりづらいのう。
同じ商品名でもロゴデザインによって伝わるイメージが変わります。
同じ商品名でもロゴデザインによって伝わるイメージが変わります。
Right Caption
那須川
同じ商品名をいくつかのパターンでロゴ化するとどうなるか。簡単に作ってみました。
Left Caption
常世
なるほどのう!確かにこう見ると、全然イメージが違うの。特別性を出すと言う意味では家紋なども似たような物かの。
Right Caption
那須川
考え方は同じですね!
家紋のように図形化したものは、シンボルマーク(企業やサービスを象徴する図形に置き換えるロゴデザイン)に分類されます。私が簡単に作ったものはロゴタイプ(企業やサービスを文字をデザインする事で伝える)になります。2つ合わせたものをロゴマークと言います。
Left Caption
常世
相変わらず広告現場には色々言葉がある業界だのう。

メディアが増えたからこそロゴデザインが重要に!

Left Caption
常世
名須川よ。広告現場のロゴらしきものを拾ってみたぞ。
Right Caption
那須川
ありがとうございます!
広告現場ロゴ代用
広告現場ロゴ代用
Left Caption
常世
見事にバラバラだのう。
Right Caption
那須川
そうですね、ブログを初めた当初から、どんどんコンセプトが変わってしまいましたので。常世さんが来てからは、特に和風のイメージが要るかなと思って、筆文字にしたり…。
Left Caption
常世
まぁ、私が来たからといって江戸感なんざ微塵もないが…。
Right Caption
那須川
…ま、まぁ。いい機会なので広告現場のロゴを作ってみましょう!

ロゴデザインの必要性まとめ

キーボードで打っただけの文字だと、どうしても人の印象に残らないものです。これは一般的な書体が人に違和感なく読まれることを目的として作成されたからです。
ロゴデザインを行う事で、形や色に特徴が出てきます。特徴が出た文字はイメージを伝え、ユーザーの印象に残ります。
現代はクロスメディア(アナログ媒体とWEB媒体)戦略が主流になり、多くのメディアで自社のサービスを宣伝できます。ロゴデザインを統一しておく事で、何度もユーザーの目に入り自社のイメージが人々の記憶に残りやすくなります。
ロゴデザインは情報が溢れた現代では、必要不可欠なものとなっています。

ロゴデザインの種類と考え方

Left Caption
常世
ロゴの必要性は分かったぞ。早速「広告現場」のロゴを作っていくかのう♪
Right Caption
那須川
ちょっと待ってください!ロゴと言っても用途によって考え方は異なってきます。まずは基本的なロゴの考え方を知るために、いくつかの事例を見てみましょう。
Left Caption
常世
全く。回りくどいやつじゃのう…。

企業のロゴデザインCI(コーポレートアイデンティティ)

Right Caption
那須川
まず代表的なものとして企業のロゴデザインです。
Left Caption
常世
実に多くの企業があるが、どれも綺麗にまとまっておるのう。
企業のロゴデザイン
Left Caption
常世
ふむ。
Googleは世界の情報をまとめることを使命としているということじゃが。
カラフルな色合いが多くの情報を表し、その情報をインターネットという楽しい空間にまとめて上げる、奇抜ではないがワクワクするような文字の形」になっておるようじゃのう。
Right Caption
那須川
HONDAのロゴは企業名でもあり、偉大な創業者「本田宗一郎」さんのHを使用した形になっていますね。彼の趣味だった三味線の形を模したものらしいですが、Hの形状が羽根のようにも見えて、世界に羽ばたく大企業をイメージできますね。
Left Caption
常世
大和運輸のロゴは可愛いのう♪可愛い中にも猫の親が子を大事に抱えるが如く、荷物を運んでくれる気がするの♪
黒と黄の組み合わせは「注意喚起の色」と言われておるが、自社の配達員がいつも目にするロゴの色をこの組み合わせにすることで、最新の注意を払って荷物を運ぶ意識を持つためかのう。安心じゃな♪
Right Caption
那須川
三菱さんは企業としてもうすぐ100周年を迎えます(2019年現在)が、創業からの三角菱を今まで形を変えながらも取り入れてきているようです。企業として芯を持ち、時代の変化に合わせる柔軟性を感じますね。さらに、赤色のカラーがその情熱を引き立てていますね。
Right Caption
那須川
このように企業のロゴを見ていると「顧客にどう思われたいか」よりも「自分たちがどうありたいか」に主軸を置いているように感じますね。
Left Caption
常世
企業としての方向性が決まれば、あとは皆がそれに向けて走り出す。するとこのようにロゴに込められた意味が伝わってくるのじゃのう。
Right Caption
那須川
企業や会社のロゴデザインの作成依頼をする時、または受ける時は「自分たちが社会の中でどうありたいか」をしっかりと考え、伝えることで、芯の通ったロゴが出来上がりそうですね。
Left Caption
常世
あまり要領の得ぬ依頼がきた場合は、会社案内で企業の事をよく知ってからロゴの提案をするとよいの♪

(ロゴ参考企業様)
Google様本田技研工業株式会社様ヤマト運輸様三菱グループ様

商品や企画、店舗のロゴデザイン

Right Caption
那須川
次はエンターテイメント性の強いロゴを見ていきましょう!
Left Caption
常世
うむうむ、これはまた胸おどるロゴが集まっておるのう♪
Right Caption
那須川
テレビ番組や企画のロゴは、加工に厚みのあるデザインが多く見受けられます。その方が動画の上に表示されるロゴとして識別させやすいですね。
主にRGB環境(テレビなどのモニターの色再現に使われるもの)で使用されるので、色も豊富に利用できます。番組冒頭で動きがついて出てくるのも楽しいですね!
Left Caption
常世
ロゴの一部にマイクや旗など、オブジェクトもたくさんで楽しいのう♪
Right Caption
那須川
プリングルズはいろんな味があって、パッケージの地色も強い色なのにロゴがしっかりと目立つ形状をしています。
名前より先にシンボルマークとして、おじさんを覚えられるくらいインパクトがありますね!
Left Caption
常世
プリングルズのおっさんは、大好きじゃよ♪私のアニメタイムはいつも傍らにおるからのう♪このおっさんを見るとワクワクするんじゃよ♪憎いヤツめ♪
Right Caption
那須川
私が大ファンのアサヒビールのロゴです。アサヒビールのロゴは企業ASAHIのロゴと同じ形状をしています。このように商品と企業ロゴのベースの形状を同じにするのは大手企業によく見られますが、ブランディングの面で大きな力を発揮しますね!キレのあるビールや飲み物と言えばアサヒですね♪このロゴの右肩上がりの書体がキレの良い味を出しそうです!
Left Caption
常世
最後は「いきなりステーキ」じゃな。
無骨な書体が、ネーミングと書体のイメージが合っておるの。ガッツリ肉を食べたくなるのう。ロケットのイラストも高価なイメージのステーキのイメージを上手く崩しておるようじゃ。
Right Caption
那須川
企画や商品のロゴは、企業ロゴと逆の考えで作ると作り易いです。商品が顧客にどのように伝わって欲しいか似たような商品が並ぶ中でも、瞬時に商品の特徴を伝えましょう

(ロゴ参考企業様)
フジテレビ様、ケロッグ様、アサヒビール株式会社様、いきなりステーキ

一言にロゴと言っても多く種類と考え方で作成することができます。広告現場の二人のように楽しくロゴに向き合ってみると、新たな発見が生まれロゴ制作の役に立るかもしれません。
ぜひ、ロゴ画像をゆっくり眺めてみてください♪

ロゴデザインのコツ!まずは書き出して気軽に取り組もう

Left Caption
常世
世の中には沢山のロゴがあり、様々な角度からロゴを見られることは分かったぞ。
だが、このような考えを取り入れたロゴを作るには具体的にどうしたら良いのじゃ?
Right Caption
那須川
ロゴを作り始めるのにルールというものはありません。ただ、考えを取り入れたロゴを思案するのに良い方法がありますので、今回はその方法を使って、楽しくロゴを作ってみましょう♪
Left Caption
常世
楽しみじゃのう♪

パソコンでロゴデザインの前にマインドマップを作ろう!

ロゴデザイン前のマインドマップ
広告現場ロゴデザイン前のマインドマップ
Right Caption
那須川
このように、頭の中にあるイメージをどんどん膨らませていく方法にマインドマップというものがあります。
Left Caption
常世
電車の路線図のようじゃのう。
Right Caption
那須川
そうですね。マインドマップの作り方は、主軸となるキーワードを中心に置いて、連想できるものをどんどん繋げていく手法です。
結果連結されたものが輪になったりするので、そのように見えるのかもしれませんね。
Left Caption
常世
連想させるテーマにルールはあるのかの?
Right Caption
那須川
ありませんよ♪
自由な発想で連結させることが大事なのです!
Left Caption
常世
ブレスト会議のようなものじゃな♪
皆でやると楽しくマインドマップを作れそうじゃ♪

Left Caption
常世
では、早速じゃ♪
広告現場といえば、キャラクターじゃの。
沢山のキャラクターが広告について話をしておる!
Right Caption
那須川
そうですね、広告現場の常世さんと、常世さんのお姉さんの黄泉路さんも繋げて引っ張ってみましょう。
2人のイメージカラーはなので、ロゴに入れると良いかもしれませんね。
Left Caption
常世
いずれ私の妹も出て来るであろうから、3色かのう。
Left Caption
常世
江戸時代からのタイムスリップもやはり広告現場の特徴かもしれぬのう。
Right Caption
那須川
そうですね。江戸時代デザインのイメージといえば煌びやかな遊廓や筆文字、扇子だったりのイメージがありますね。
Left Caption
常世
遊廓て…お主…!
Right Caption
那須川
あ、いやほら!江戸時代の華やかなイメージだと、花魁さんの着物が有名じゃないですか…!
ほら常世さん!ブレスト会議だし、否定しない!
Left Caption
常世
まぁよい。あとまだまだ謎は明かされておらぬが、私と黄泉路が現代にやってきた「世渡りの常渦(よわたりのじょうず)」も広告現場には欠かせんの。
Right Caption
那須川
そうですね。タイムスリップという事で、常世さんは過去から。黄泉路さんは未来からやってきました。ある意味、近未来的でもあります。シャープなイメージも取り入れたいですね。

2人のブレスト会議は盛り上がり、マインドマップが完成しました。

Right Caption
那須川
よし!ではロゴの方向性をまとめますね!

【広告現場のロゴのイメージ】
日本らしさの日の丸と、世渡りの常渦(よわたりのじょうず)のイメージでマークは丸型。
メインカラーは世渡りの常渦の黒を使用し、華やかな街と3姉妹を彩る(赤・青・黄)。
広告についての個人ブログ。読者にコーヒーでも飲みながらのんびりと読んで欲しいので優雅なイメージ。
書体は古風になり過ぎないように、シャープなイメージも残す。

Left Caption
常世
なんとなくイメージがまとまったの。
次は絵に起こすところじゃな。

マインドマップを使用することで、商品を様々な角度から見ることができるようになります。ロゴを作成するときは様々な角度から商品を見つめ直す事でイメージが出来上がります。ぜひマインドマップを作ってみてください!

パソコンで情報収集しながら、ロゴイメージをラフスケッチで具現化!

広告現場ロゴデザイン手書きラフ1回目
広告現場ロゴデザイン手書きラフ1回目
Left Caption
常世
名須川よ。実際にロゴをデザインする際にいきなりパソコンに向かってはダメじゃと、聞いた事があるのじゃが、どうしてじゃ?
Right Caption
那須川
うーん、パソコンに向かう事がダメというわけではないと思いますよ。
ロゴを作るときに参考になる資料も見るわけですからね。
Right Caption
那須川
私の経験からすると、
パソコンは簡単に線が引けたり、色を付けたりできるのである程度イメージがまとまっていない段階でパソコンに向かうと考えがまとまらなくなる。
からだと思いますよ。
現在はペンタブレットも普及しているので、手書きラフを描くのはパソコンという人も多いですしね。
Left Caption
常世
なるほどの。簡単にいろんなことが出来すぎちゃうってことだの。マインドマップをしっかり作っておけば、大丈夫じゃな

パソコンでしっかり情報収集!

江戸時代の日本は世界的に見ても園芸が非常に発達した地域であった。1681年(天和元年)には日本最古の園芸書「花壇綱目」(水野勝元著)が発行されているが、これは中国やイギリスに並び世界的に見ても早期のものである。
鎌倉時代には盆養が普及し、室町時代には中国蘭が愛好されていたほか、すでにサクラやツツジ、ツバキに多数の品種が生まれつつあった。

Wikipedia
Right Caption
那須川
ロゴの方向性が決まると、キーワードをパソコンで調べてみる事をお薦めします。
例えば江戸時代の事を調べてみると江戸時代では園芸が非常に発達していた事が分かりました
Left Caption
常世
私も花は大好きじゃよ。よく母が庭の花を愛でておったのう。華やかな江戸の雰囲気の象徴やもしれぬな。
Right Caption
那須川
華やかな街と3姉妹を彩る(赤・青・黄)。これを花のオブジェクトにしましょう。

 

Left Caption
常世
なんの花にするんじゃ?

桜 Cerasus
一般に国を象徴する花として語られコインや切手の意匠として採用されてきたが、法定のものではない。

Wikipedia
Right Caption
那須川
ここは日本の国花を象徴する桜にしましょう。
Left Caption
常世
「日本 国花」で検索しても桜を国の象徴として考えているサイトが多いようだの。
日本らしさが出て良いのでは無いか。

手書きorタブレットでラフスケッチを描いてみよう!

広告現場ロゴ作成デザインラフ1回目
広告現場ロゴ作成デザインラフ1回目
Left Caption
常世
ラフを書くとイメージも出来てくるのう♪
Right Caption
那須川
そうですね。どうでしょう?常世さんのイメージとも近いですか?
Left Caption
常世
ほぼほぼこんな感じじゃが、英語が少しスタイリッシュに寄せすぎた感はあるかもしれんのう。
あとは、黒丸の中が情報が多すぎるやもしれぬ。
Right Caption
那須川
ではもう一度調整して描いてみましょう。少し優雅さも足りないかもしれませんね。
  1. 縮小した際に細かくなり過ぎないように、丸の中をシンプルに。
  2. 3色の桜を一箇所にまとめる。
  3. ローマ字は日本語に変更。
  4. 丸の中の文字を「広告」にして優雅な雲をイメージさせる。
広告現場ロゴ作成デザインラフ2回目
広告現場ロゴ作成デザインラフ2回目
Left Caption
常世
うむ、広告現場のロゴと分かり易くなったの!
Right Caption
那須川
あとは微調整が必要ですが、それはパソコンのツール上でやっちゃいましょう!

ロゴデザインを行う際に「いきなりパソコンに向かってはいけない。」ということはよく耳にします。これは言い換えると「考えをまとめる前に作成ツールでロゴの形を作り始めてはいけない」ということです。
考えがまとまらないうちにパソコンで形を作ってしまうと、綺麗な線が引けたり、綺麗な色を簡単に作れます。そうすると、ロゴの想いをデザインに組み込むのが後になってしまい、ビジュアルを優先してしまいコンセプトが無い後付けの苦しいコンセプト。になってしまいがちです。
ロゴのコンセプトを固める段階では、しっかりパソコンを利用しましょう!

ロゴデザインに用いるデータ形式はラスターデータとベクターデータどっち?

Left Caption
常世
ロゴを作るときは、どんなソフトを使うのじゃ?
Right Caption
那須川
やはりAdobeイラストレーターのようなベクターデータを生成できるソフトが良いですね。
Left Caption
常世
ベクターデータ?

ベクターデータとラスターデータ

ラスターデータとベクターデータ
ラスターデータとベクターデータ
Left Caption
常世
ラスターデータは1つ1つの細かなセルに色を入れておるのじゃな。
それに対して、ベクターデータはここからここの範囲に円を描いてくれという指定になるから拡大するたびその指定をする幅を簡単に変えられると。
Right Caption
那須川
そういうことです。解像度の話になると複雑になるのですが、ラスターデータは拡大に向いていない。ベクターデータは拡大に向いている。と覚えておいてください。
ロゴの用に様々なメディアに使用するデザインデータはベクターデータがお薦めです

作成したロゴデータは屋外の看板や、印刷物に使用することもよくあります。
WEBサイズ(解像度72dpi)のラスターデータで作成していると、いざ印刷に使用する(解像度350dpi)際に拡大して荒れたロゴデータになってしまうことがあります。
どうしてもラスターデータでロゴを作成したい場合は、なるべく大きなサイズで350dpiで作成しておくようにしましょう!

ラスターデータとベクターデータについて詳しく知りたい方はチュートリアルマニアックス様のサイトで分かり易く解説してくれていますので、ぜひご覧ください。

ベクターデータ(Adobeイラストレーター)でロゴデータを作成

広告現場ベクターデータロゴデザイン
広告現場ベクターデータロゴデザイン
Left Caption
常世
うーむ。ラフの指定通りじゃが、しまらんのう。
Right Caption
那須川
まぁ、最初はこんなもんですね。もう少し詰めてみましょう。やはり背景は黒の方が良さそうですね。
書体も優雅なものに変えてみます。
広告現場ベクターデータロゴデザイン2
広告現場ベクターデータロゴデザイン2
Left Caption
常世
おお、やはり背景を黒にするとしまりが出たのう!これで良いのでは無いか?
Right Caption
那須川
ベースのロゴデザインはこれで完成ですね!
次は細かな調整を加えていきます!

どれだけ頭の中やラフでイメージしても、実際にデータにしてみると違和感を覚えるものです。大まかなイメージができるまでしっかりと調整しましょう!

ロゴは最後の化粧が肝心!ロゴデザインプロのコツ

Left Caption
常世
まだ調整がいるのか?
Right Caption
那須川
はい。あとは感覚的なところが大きいのですが、なんとなくバランスが悪く感じるところがいくつかありますので、最終の調整を行います。

オブジェクトとテキストの微調整にこだわる

ロゴデザインの最終調整
ロゴデザインの最終調整
Left Caption
常世
かなり細かな調整をするのだのう。ここまで調整しても誰も気づかぬのでは無いか?
Right Caption
那須川
最後の化粧が肝心なんですよ。さて、完成したので先ほどのラフと見比べてみましょう。違いが分かりますよ。
広告現場ロゴ完成
広告現場ロゴ完成
Left Caption
常世
なるほどのう!こう並べてみると、確かにバランス良くなっておる!
Right Caption
那須川
細かな違和感が重なれば、安定感の無いロゴに仕上がってしまいます。
今回は個人用ですので、あまり時間をかけて微調整を行なってはいませんが、
様々なメディアで登場する企業のロゴは最後の微調整に様々なサイズや形や色を変えて調整するんですよ。
シンプルなロゴでもこういった微調整に膨大な時間がかかっています。

ロゴは最後の微調整が重要です!細かな違和感を覚えたら、徹底的に排除していきましょう!自分1人の感覚では偏ってしまうので、できたロゴは他の人にも見てもらって調整していきましょう!

ロゴデザインの後に

Left Caption
常世
遂に広告現場にもロゴができたわけじゃが、ロゴデザインとはこうも大変なものじゃったとは。
Right Caption
那須川
ロゴデザインの基本を学ぶとロゴデザインの会社に依頼をする時も正確な依頼ができるようになりますよ。
今後常世さんも依頼する事があると思いますので、覚えておいてくださいね。
Left Caption
常世
うむ、心がけておこう。しかし、名須川よ。せっかくロゴができたのじゃ。今回のメイン画像は化粧が大事という事をピックアップして、私を大人風に化粧した絵にしてはどうかの?
Right Caption
那須川
え、それは…ちょっと常世さんのイメージが…。
Left Caption
常世
良いでは無いか。私もたまには大人な装いがしてみたい!さあ、やれ!
Right Caption
那須川
え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!ロゴデザインは最後の調整だけが大事な訳じゃ無いのに〜〜〜!

今回はロゴデザインの方法を考え方から、完成までのフローと合わせてお伝えしました。ロゴデザインを依頼する方も、作る方も共通の意識を持ってロゴデザインに向き合う事で事業の顔となり、ユーザーの心に残るロゴが出来上がります。
世の中にあるロゴの中でこの記事を読んだ方が生み出したロゴが、少しでも印象に残るようになればと思います。

広告現場ロゴデザイン
広告現場ロゴデザイン