目標コンバージョン単価(CPA)制はCPA改善に適した万能スマート自動入札戦略

2019年4月28日常世と初めてのWEB広告

【徹底解説】目標コンバージョン単価(CPA)制
【徹底解説】目標コンバージョン単価(CPA)制

Google広告の自動入札戦略が浸透してきましたが、その中でも広告現場(当ブログ)が特にオススメの自動入札戦略が「目標コンバージョン単価(CPA)」です。
今回は目標コンバージョン単価自動入札の仕組みと、オススメの入稿方法、実例を踏まえ目標コンバージョン単価制を常世ちゃんと学びましょう!

目標コンバージョン単価(CPA)制のとは

Right Caption

那須川

常世さん、そのキャンペーンですが、コンバージョンデータも貯まってきたので、自動入札戦略の目標コンバージョン単価(CPA)を使ってみてはどうでしょう?
Left Caption

常世

目標コンバージョン単価?

目標コンバージョン単価(CPA)はコンバージョン単価を設定して平均して目標のコンバージョン単価になるように、入札単価が調整されます。

Left Caption

常世

何と。そんな便利なものがあるのか。広告効果検証をコンバージョン単価としている広告主は多い。それが設定通り達成されるなら、これ以上は無いではないか♪
Right Caption

那須川

目標コンバージョン単価入札はとても便利な入札戦略です。仕組みを理解して使いこなせるようになりましょう!

目標コンバージョン単価(CPA)制の仕組み

目標コンバージョン単価制の入札では、キャンペーンの過去の入札情報からリアルタイムに入札を調整します。コンバージョンデータが必要になり、15〜20程のコンバージョンを獲得してから、目標コンバージョン単価制にすると入札制度が上がります。

Left Caption

常世

Googleの公式にも書かれていますが、目標コンバージョン単価制を使用するときは、コンバージョントラッキング(コンバージョン計測)の設定を忘れないようにしてください。
Right Caption

那須川

目標コンバージョン単価制の入札アルゴリズムの詳細は公開されていませんが、エキスパートの方の話や、実際の検索クエリを見るとこんな感じと予想されます。
目標コンバージョン単価制の仕組み
Left Caption

常世

なんとも、上手く行き過ぎじゃな。
こんなに簡単に行くものなのか?
Right Caption

那須川

もちろん100%上手く行くわけではないですが、十分なCVデータがあり、無茶なCPA単価を設定していなければ相応の単価に寄せてくれますよ。
Left Caption

常世

私の管理しているアカウントでCVも貯まっているアカウントがある。このCPAをもう少し改善したいのじゃが。
Left Caption

常世

競合が多いので入札単価の調整に時間が取られておる。
Right Caption

那須川

ちょうどいいですね。
早速目標コンバージョン単価の自動入札を使用してみましょう!

目標コンバージョン単価(CPA)制の設定方法

Right Caption

那須川

設定は簡単です。
注意が必要なのが、目標コンバージョン単価制の自動入札単価は、必ずポートフォリを入札戦略を使用してください。
Left Caption

常世

ん?なぜじゃ?
Right Caption

那須川

あとで分かりますよ♪
ツールから入札戦略を選ぶ
ツールから入札戦略を選ぶ
ポートフォリオ入札戦略を作成
ポートフォリオ入札戦略を作成
目標コンバージョン単価を選択
目標コンバージョン単価を選択
目標コンバージョン単価のポートフォリオ作成
目標コンバージョン単価のポートフォリオ戦略の作成
Left Caption

常世

キャンペーンを含める。とはなんじゃ?
Right Caption

那須川

選択したキャンペーンを元に推奨コンバージョンの単価を出して、ポートフォリオ戦略作成と同時に対象のキャンペーンに入札戦略を設定してくれます。
Left Caption

常世

今回は通常の流れ通りやってみるかの。キャンペーンも1つじゃしな。

複数のキャンペーンがある場合は、推奨入札単価にブレが出ないよう。適用したいキャンペーンを選択ししましょう!

Right Caption

那須川

名前は何でもOKです。
後で何の入札戦略か分かりやすいようにしましょう。
Left Caption

常世

目標コンバージョン単価は下の推奨値にしたら良いかの?
Right Caption

那須川

私はよく推奨値の+10%を目安にしています。
今回は検索広告の中でも単価変動の大きな業界になりますので、少し余裕を持たせてあげたほうが、AIも入札を強気に行えるので。
Left Caption

常世

AIと共に入札に勝つ。じゃな。
しかし、これで設定が終わりか?
入札単価は完全お任せでは、流石に少々怖いのう。

【裏技】目標コンバージョン単価(CPA)制は入札単価の上限・下限も設定できる

Right Caption

那須川

ここで、ポートフォリオ入札戦略で目標コンバージョン単価入札を設定する意味が出てきます。
目標コンバージョン単価の詳細設定
目標コンバージョン単価の詳細設定
目標コンバージョン単価の上限クリック単価と下限クリック単価
目標コンバージョン単価は上限クリック単価と下限クリック単価を決められる。
Left Caption

常世

ほう。上限と下限の入札単価も決められるのか。
Right Caption

那須川

実はこの機能。通常の自動入札戦略では設定できません。
裏技のようなものですね。
Left Caption

常世

便利な機能じゃ。覚えておくよ。
Right Caption

那須川

あとは、自動戦略をキャンペーンに適応します。

目標コンバージョン単価のオートフォリオ自動戦略は入札単価の上限・下限も決められるので、必ずポートフォリオから作成しましょう!

キャンペーンに作成したポートフォリオ戦略を適用
キャンペーンに作成したポートフォリオ戦略を適用
目標コンバージョン単価の設定完了
目標コンバージョン単価の設定完了
Left Caption

常世

よし。設定完了じゃ!
Right Caption

那須川

お疲れ様でした。
それでは2週間ほど様子をみてみましょう!
Left Caption

常世

しかし、いきなり入札戦略を大きく変えるのは少々不安だのう。
Right Caption

那須川

今回は、予算と期間の都合上全予算を使用しましたが、不安な時はテストキャンペーンを使用しましょう。
Left Caption

常世

なるほどのう。
さて、入札はAIに任せたから、私はLP(ランディングページ)の改善に勤しむかの♪

目標コンバージョン単価(CPA)制の学習期間は2週間を目安に

Left Caption

常世

目標コンバージョン単価に切り替えたが、いまいち大きな動きは見られぬのう。
Right Caption

名須川

Googleの自動入札は設定してから一定期間は様子を見てください。
Left Caption

常世

一定期間とはどれくらいじゃ?
Right Caption

名須川

目安はキャンペーンのレポートのステータス部分ですね。(学習中)となっている場合は、まだ機械学習の最中と考えてください。
 

Googleの自動入札には学習期間が必要になります。その期間は今までの配信データの量によっても変わりますが、目安があります。

  1. キャンペーンのステータスが(学習期間)である事
  2. 設定変更からおよそ2週間は様子を見る。

1.は視覚的に分かりやすいのですが、
2.の期間は私の経験上です。蓄積されたコンバージョン数が多いほど学習期間は短いと感じます。(最低30件/月)
30件/月も取れない案件もあるかと思いますが、その場合はマイクロコンバージョンを設定しましょう。
※マイクロコンバージョンとはコンバージョンが発生する一歩手前のユーザー行動にコンバージョンを設定する事。問い合わせフォーム送信前の問い合わせページなど。

また、統計的な優位性を確認するためにも、最低2週間ほどは様子を見ることをお薦めします。

しかし、毎日の売上の大半がGoogle広告だけで賄われている場合はそうは行きません。
そんな時は予算の1日の予算の割合を主導入札と自動入札に割り振る事ができる「下書きとテスト」が効果的です。ぜひご活用ください。

目標コンバージョン単価(CPA)制のメリット

Left Caption

常世

さて目標コンバージョン単価制のメリットをまとめるとこんな感じじゃな。

・目標とするCPAになるように入札が自動で調整される。
・上限クリック単価も設定できる。
・下限クリック単価も設定できる。

Left Caption

常世

一番のメリットは目標としたいCPAを設定しておくことで、AIが自動で入札調整をしてくれることじゃな。
Right Caption

那須川

細かな調整がなくなった時間は、LPの最適化に時間を使えます。
CPAを下げるのに一番効果的な施策はLPの最適化になりますからね。

目標コンバージョン単価(CPA)制のデメリット

  • 貯まっているコンバージョンデータによっては、入札の調整が上手く行かず、CPAが上がる可能性がある。
  • 広告のスケジュール設定による入札単価調整は設定できません。
  • デバイスの入札単価調整により、入札単価ではなく目標コンバージョン単価が変わります。
Right Caption

那須川

切り替える前に、コンバージョンデータを確認して使えるかを判断しましょう。
私は、検索クエリやクリック単価を確認して自動化するかを決めています。
Left Caption

常世

時間による調整が入札調整ができなくなるのは、業種によっては大きなデメリットに成りかねぬの。
事業の適性を見極めた入札戦略を選ぶようにせねばな。

目標コンバージョン単価(CPA)制のまとめ

進化するGoogle広告の自動化

今回はGoogle広告の入札戦略の中でもオススメの自動入札をご紹介しました。
Google広告は今後更にAI化が進むようです。それは、専門家でなくても広告を触れるようになると、Google広告の需要が増えていくからだと考えられます。

Google広告運用者は不要になる?

ここまでAIが進化すると、運用者は必要なくなるのでは?と不安になる方もいるかと思いますが、私はそうは思いません。
便利になったGoogle広告の入札ですが、その分空いた時間に常世ちゃんのようにデザイナーとして、LPを改善したり、データから新たな入札戦略を考えることもできます。
企画者として次の事業の戦略を提案することも面白いですね。

私はAIが進化したから、仕事が無くなるのではなく、AIと共存することで、自分の価値を高められるようになると考えています。

最後になりましたが、個人的に目標コンバージョン単価の入札はレスポンシブ検索広告とも相性が良いと考えています。
ぜひ、こちらの記事もお読みいただき、Google広告の自動化にお役立てください。